うつ病改善の秘策を知る【ココロ負担軽減ガイド】

先生

治療は休養が一番

女性と男性

早期治療が重要

うつ病は現代人を悩ます病気として社会問題にもなっています。会社勤めでうつ病ににあり社会復帰できなくなった人が身近にいるほどメジャーな問題なのです。他人事と思っていたら自分がうつと診断されたというケースも少なくなく、いつ自分にふりかかるかわからないのです。一度かかると復帰するのに長い時間を要します。うつ病にはなりやすいタイプがあるといわれています。真面目で責任感が強く、周囲の評価も高い人が突然うつ病にかかりやすいといわれています。うつ病になる要因は自分のキャパシティを超過した頑張りや、過度のストレスをため込むことで起こるといわれています。自分の力量を把握しておらずまだまだできると思い込む人ほどかかりやすいのです。こういったストレスは人間関係や環境の変化によって引き起こされます。少しでもストレスになるような事象が身近で生じるとそれが引き金になってストレスを増大し最終的にうつ病につながります。身体的な要素でうつ病になりやすいパターンもあります。例えば女性や高齢者です。女性は出産や月経など女性特有の生理現象を持っており体の特徴が要因です。また高齢者は死別環境や社会的孤立など環境的な面でうつ病になりやすいといわれています。

病院治療が望ましい

うつ病を放置しておくと取り返しのつかないことになります。軽い状態であればまだ頑張ることができますが、これを放置すると何をするのも億劫になり最終的に自分で何もしなくなってしまいます。ここまで病状が悪化すると治療に長い時間がかかるだけでなく、社会復帰そのものが難しくなる可能性もあります。うつ病は病院にかかるのが一番ベストです。理由の一つは親身にケアしてくれる人が身近にいることが何よりの回復の一歩なのです。そして体や精神の十分な休養です。キャパシティをオーバーしている状態がしばらく続いた分きっちりと休養を取ることで回復していきます。ここで重要なのは何もしないことです。うつ病の患者は何かをしていないと落ち着かないといった症状が出ます。したがって休むことに罪悪感を持っている場合が多いのです。休養を強制的にとるためにも病院に入院して治療したほうが早期に回復することにつながります。それに加えて薬や心理的治療を組み合わせます。否定的な思考パターンは半ば性格の問題ですが、時間をかけて考え方そのものを治療することで再発防止につながります。柔軟な思考パターンを身に着けることで頭を切り替えたりポジティブな考え方にすることができます。