うつ病改善の秘策を知る【ココロ負担軽減ガイド】

先生

心の病に向き合える社会へ

パーカー被った人

特別な病気ではない心の病

うつ病、それはストレスの多い現代社会にとって、特別な病気とは言えなくなってきました。心療内科や精神科の多くは、予約がいっぱいの状況が続いています。自分や周りがその異状に気付き、早めに病院を受診出来れば重症化せずに済みます。しかし実際には、ひとりで抱え込みギリギリまで我慢して、かなりひどい状態になってから受診する患者も多いと言われています。うつ病を発すると、必ずと言っていいほど体調にも影響が表れます。その症状には個人差もありますが、頭痛やめまい、吐き気や下痢、さらには便秘、不眠、疲労倦怠感、腰の痛みなど多岐に及びます。これらの症状は継続して起きることもあれば、時間を置いて不定期に表れることもあります。気分が憂鬱な状態が続いたり、イライラ感、もやもや感、そして意欲や判断力の低下などの自覚症状が伴う場合は、うつ病であることが考えられる為、出来るだけ早く専門医に相談しましょう。また女性の場合、45〜55歳の更年期に似たような症状が表れることがあります。更年期障害と言われるもので、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因となって起こります。この症状の中にも、うつ病を発症するケースが少なくありません。まずは婦人科を受診し、医師の指示の下で治療を行なうことをおススメします。

安心と安定を与える社会に

うつ病などの心の病は、甘えわがまま心が弱いなどというイメージを持たれることも多く、カミングアウトは勿論のこと、病院を受診することさえ憚られるような状況が続いて来ました。うつ病と診断されると、社会から脱落した人という烙印を押されてしまうような不安感が強くありました。そのイメージがここ何年かの時間を経て、漸く払拭されようとしています。風邪や腹痛などと一緒で、誰がかかってもおかしくない病であるという意識が広がりつつあります。身体が疲れを感じるように、心も疲れるのは当然のことと捉え、うつ病に対する偏見も減ってきました。その反面、うつ病を始めとした心の病で苦しむ人の多さが問題視され、今後は心の病気を持つ患者を減らす取り組みが重要になってくるでしょう。ストレスをゼロにすることは不可能かも知れませんが、学校や職場の在り方も見直す必要が出てくると思われます。アメリカでは他の病気で病院を受診しても、併せて心の状態も診られることが当たり前なのだそうです。精神的なものが引き金になっているケースも多く、同時に治療することで心身共に治癒するというメリットがあるのです。また心の病を積極的にオープンにするような面も日本と違っていて、カウンセリングを受け薬物治療をしていることを周りに理解してもらいながら、学校や職場に通うことが普通なのです。このような仕組みを整えることで、病気になった時の不安や恐怖心を予め取り除き、人々に安心と安定を与える社会になるのだと思います。

うつ症状とは何であるのか

ハートの鍵

うつ病は幼児経験やストレスなどが元で起こり、精神面のみならず肉体面でも症状が出ます。主に薬物やカウンセリングなどの治療方法が用いられ、本来の状態に戻すことが優先されます。また従来のうつ病と新型のものとに分けられます。また20代から30代の年代に多く見られます。これは社会に出ることと関係があります。

Read More...

薬への患者の評価が重要

医師

うつ病がストレスが原因で発症する病気です。症状は精神的な異常だけとは限らず、身体的な症状が現れる場合もあります。うつ病の治療は主に抗うつ剤の服用となりますが、種類も多く、患者によって合うか否かはまちまちですので、患者は処方された抗うつ剤が自分に合うか否かの意見を積極的に医師に伝えることが大切です。

Read More...

心の病気を考察する

悩んでいる男性

近年、「うつ病」というものが、社会問題化してきています。これは体の病気のように、見てわかるものではなく、そして単にうつ状態だからといって、「うつ病」とまで言えるのかは、素人では判断は難しいのです。ですからこれは、その疑いがある時点で、専門家の診察を受けて、その指示を受けるべきでしょう。

Read More...

治療は休養が一番

女性と男性

社会的問題にもなっているうつ病は真面目で責任感が強い人がなりやすい病気です。ストレスを知らず知らずの間にためて発散することができず自分をコントロールできなくなる病気は休養を早期にじっくりとることが回復への第一歩です。

Read More...